結城合戦

永享の乱で鎌倉公方・足利持氏が
滅ぼされたのち、
持氏の遺児であった
安王丸・春王丸が
結城氏朝に担がれ挙兵。
結城城で一年以上籠城するが、
幕府軍の前に落城し、
安王丸と春王丸は斬首される

「室町関東政争戦乱史概略
(結城合戦まで)」
natsunishiki.com/muromachi_kantou_seisoushi_1/)

「室町政争戦乱史 目次」
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/)

流れ

  • 永享の乱で、
    鎌倉公方・足利持氏が滅ぼされ、
    鎌倉府は一時滅亡する
    natsunishiki.com/20210314_1/
  • 関東管領だった
    上杉憲実は隠棲し、
    弟の上杉清方(きよまさ)が
    関東管領に就任
  • 永享十二(1440)年三月、
    持氏遺児の
    安王丸(やすおうまる)・
    春王丸(はるおうまる)らが、
    下総国の領主・
    結城氏朝に担がれ、
    常陸国木所城(きどころじょう)で挙兵
    その後、結城城に入城
    (安王丸、春王丸の
    詳細な年齢は不明だが、
    どちらも十代前半らしい)
  • 幕府は清方を
    総大将とする討伐軍を編成、
    結城城を包囲。
    その後、関東各地で
    安王丸・春王丸支持勢力と
    幕府支持勢力が戦闘を繰り広げる
  • 永享十三年四月、
    一年の籠城の末、
    結城城は落城。
    結城氏朝は討死
    安王丸、春王丸は捕縛される
  • 五月、安王丸、春王丸は
    京都に護送される途中、
    美濃金蓮寺で斬首される。

補足

  • そして、
    永享十三年六月、
    義教は、赤松教康から
    この戦の戦勝祝いの宴に招かれ、
    赤松邸に行く
    natsunishiki.com/kakitsu_no_ran/
  • 安王丸、春王丸斬首の際、
    二人の四歳になる弟・永寿王丸も
    一緒に護送されていたが、
    別の大事件勃発により、
    生き永らえる。
    「これが、のちの鎌倉公方・
    足利成氏である-。」
  • …とされたことも
    あったのだが、
    どうも違うらしい。
    足利成氏は信濃に逃れていた
    持氏の別の遺児・
    万寿王丸ということ
  • 総大将として
    結城城を陥落させた
    上杉清方だが、暫く後に死去
    (自刃したという説もある)
    (詳しい時期は不明)

場所

参考書籍

  • 「歴史REAL
    関東戦国150年史」

    洋泉社MOOK
    駒見敬祐 = 文(該当部分)
    関東戦国入門者には大変良い本なのだが、
    絶版(出版社が吸収された)
    amazon.co.jp/dp/4800316510
  • 「図説 室町幕府」
    戎光祥出版
    丸山裕之 = 著
    この本が1800円というのは安すぎる。
    戎光祥出版の価格設定はおかしい。
    ebisukosyo.co.jp/item/359/
  • 「図説 鎌倉府」
    戎光祥出版
    杉山一弥 = 著
    鎌倉府ファンのバイブル。
    ebisukosyo.co.jp/item/535/
  • 「学習まんが・少年少女日本の歴史
     日本の歴史 立ち上がる民衆」
    小学館
    児玉幸多 = 監修
    あおむら純 = 漫画
    小学生向けだし、
    初版が昭和期で、
    絵柄・史観ともにいかにも古い。
    結城合戦についても、
    さらっと触れるだけである。
    しかし、この本に描かれる、
    安王丸・春王丸兄弟の健気さに
    多くの少年少女は涙したのだ
    shogakukan.co.jp/books/09298109
  • 「マンガ日本の歴史11
     室町幕府の衰退と応仁の乱」
     中公文庫
    石ノ森章太郎 = 著
    ご存知石ノ森本。
    安王丸・春王丸はコミカルなだけに
    かえって哀しい。
    ハードカヴァー版と文庫版で
    巻の配分が違うので注意。
    www.chuko.co.jp/bunko/2021/03/206953.html