多々良浜の合戦

建武三年(1336)、
京都から撤退していた
足利尊氏は九州に上陸。
筑前国多々良浜で後醍醐天皇方の
菊池武敏と戦う。
この戦いで勝利した尊氏は
再び畿内に向かう

「室町政争戦乱史」目次
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/

多々良浜の合戦

  • 建武三年(1336)一月、
    尊氏は後醍醐天皇側から
    攻撃を受け、
    京都から撤退。
    丹波を経て、
    九州方面へ向かう
    natsunishiki.com/takauji_kyuushuu/
  • 尊氏はその際、
    持明院統の光厳上皇から
    新田義貞討伐の院宣を得る
  • 建武三年二月、
    尊氏、筑前に上陸
  • 少弐頼尚、宗像氏範らに
    助けられる
  • 一方、後醍醐天皇方の
    肥後国の菊池武敏
    尊氏を攻め、
    大宰府を攻撃
  • 大宰府を守っていた
    筑前国守護・少弐貞恒は
    自害する
  • 三月二日、
    尊氏側と武敏側が
    筑前国多々良浜で決戦
    (多々良浜 = たたらはま)
    (尊氏、武敏双方に
    九州の武士が多く味方していた)
  • 尊氏軍が大勝
  • この報を受けた
    後醍醐天皇は新田義貞を
    尊氏追討のため
    九州に向け派遣する
  • そして四月、
    尊氏は再度、
    畿内に向かって出陣した

場所

参考文献