幕末政争戦乱史

店主覚書

第二次長州征伐

高杉晋作功山寺挙兵 元治元年(1864)十二月十六日、長州藩上層部(「俗論派」に対し高杉晋作が挙兵 井上馨、河上彦斎、山県有朋らが呼応 元治二年(1865)一月七日、赤郷絵堂の藩軍に奇襲し勝利 高杉ら(「正義派」)が藩政の主導権を握る ...
店主覚書

四国連合艦隊長州砲撃/第一次長州征伐

四国連合艦隊長州砲撃 元治元年(1864)七月、長州藩、禁門の変で大敗 同年八月五日、アメリカ・フランス・イギリス・オランダの四国連合艦隊が長州を攻撃 下関砲台は破壊され、陸戦でも長州は大敗 八月十四日、高杉晋作、伊藤博文、井上馨らの尽力...
店主覚書

池田屋事件/禁門の変

池田屋事件 参与会議の瓦解を見て、 京都で力を失った、 尊攘派が復活をはかる 長州藩では久坂玄瑞らが 上洛を唱えており、 京都の尊攘派もこれに呼応 元治元年(1864)六月五日、 新選組が尊攘派志士が会合する 池田屋を襲撃 ...
店主覚書

参与会議

参与会議 文久三年(1863)八月十八日、「八月十八日の政変」により、尊攘派が京都から一掃される 公武合体派の雄藩大名が相次いで入京 徳川慶喜、松平慶永、山内容堂、伊達宗城、松平容保が参与に任命され、参与会議が発足 翌文久四年(1864)...
店主覚書

八月十八日の政変/天誅組の乱/生野の変

天誅組の乱(はじまり) 文久三年(1863)八月十三日、 尊王攘夷倒幕派・ 真木和泉らの工作で、 孝明天皇の名のもと、 攘夷親征・大和行幸の命が 出される これを受け、 土佐脱藩浪士吉村寅太郎、 備前の藤本鉄石、 三河の松本奎堂ら...
店主覚書

奇兵隊結成/薩英戦争

長州攘夷決行/奇兵隊結成 家茂上洛の際に 文久三年五月十日が 攘夷期限として 朝廷に告げられた natsunishiki.com/roushigumi/ 幕府には 攘夷を決行するつもりはなし しかし、 長州藩士久坂玄瑞らが、 ...
店主覚書

将軍家茂上洛/浪士組結成

将軍家茂上洛 文久三年(1863)二月将軍・徳川家茂が上洛に向け出発 島津久光・大原重徳の勅旨にしたがったもの 将軍の上洛は三代将軍家光以来 新選組結成 将軍上洛を前に、京都では尊王攘夷派の動きが活発に 尊攘派浪士が京都東等持院の足利...
店主覚書

坂下門外の変/寺田屋事件/生麦事件

坂下門外の変 文久二年(1862)一月十五日、老中安藤信正が登城中、水戸藩脱藩浪士に襲撃を受ける 安藤は生存するが、失脚 その後、六月には久世広周も老中を辞任。安藤・久世政権は瓦解 島津久光上洛 文久二年(1862)三月、薩摩藩の島津...
店主覚書

和宮降嫁決定/「航海遠略策」

和宮降嫁へ 安藤・久世政権は、 皇女和宮の徳川家茂への 降嫁を要請 和宮は有栖川宮熾仁親王への 嫁入りがすでに決まっていた 孝明天皇も難色を示す 幕府は 「十年以内の攘夷実行」 を約束 朝廷内では岩倉具視が 降嫁を推進...
店主覚書

桜田門外の変

桜田門外の変 安政七年(=万延元年)(1860)三月三日朝、彦根藩邸から江戸城へ登城途中の井伊直弼を水戸浪士ら十八人が襲撃 井伊直弼は死亡 中心人物は高橋太一郎、金子孫次郎、関鉄之介など。薩摩藩士は有村治左衛門 自首した斎藤監物が「斬奸趣...