堺公方瓦解(三好元長敗死、足利義維復帰)

堺公方の細川晴元のもとで、
柳本賢治と三好元長が対立。
享禄三年(1530)、
賢治は暗殺される。

天文元年(1532)、
晴元が一向宗(本願寺)をけしかけ、
三好元長を死に追いやる

「室町政争戦乱史目次」
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/)

柳本賢治vs.三好元長

  • 大栄七年(1527)、
    足利義維、細川晴元らの
    「堺幕府」が成立し、
    足利義晴と細川高国を
    近江に追い出す
    natsunishiki.com/sakai_kubou_1/
  • しかし、しばらくすると、
    堺幕府の晴元の下でも
    対立が発生
  • 一方は、
    義晴との和睦を主張する
    柳本賢治(かたはる)。
    賢治は元々、
    晴元と敵対していた、
    細川高国の臣下だった
  • もう一方は、
    義晴との和睦に反対する
    三好元長
    阿波時代からの
    晴元の古参の臣下だった

柳本賢治死亡、甚次郎殺害

  • 享禄三年(1530)六月、
    柳本賢治が播磨で
    何者かに暗殺される
    (これは細川高国側か)
  • これを受け、
    賢治の息子・甚次郎が
    後を継いだ
  • 享禄四年(1531)には
    晴元側が細川高国に
    勝利した
    natsunishiki.com/daimotsukuzure/)
  • 享禄五年=天文元年(1532)正月、
    三好元長が甚次郎を殺害。
    これに晴元は激怒する

三好元長死亡、足利義維帰国

  • 天文元年(1532)、
    晴元は一向宗徒
    (本願寺教団)をけしかけ、
    三好元長を攻撃させる
  • 六月、追い詰められた
    三好元長は顕本寺で自害
  • このとき、足利義維も
    自害を試みるが、
    晴元が食い止める
  • その後、
    同天文元年(1532)十月には、
    義維は阿波に帰国。
    堺公方は瓦解
    してしまう

補足

場所

参考書籍