中先代の乱(足利尊氏出兵、鎌倉奪還)

建武二年(1335)、
北条時行が鎌倉を制圧し、
足利直義は鎌倉から撤退。
足利尊氏は後醍醐天皇からの
出兵許可を待つが、
結局、命令のないまま鎌倉へ。
尊氏軍は時行側から
鎌倉を奪還する

「室町政争戦乱史」目次
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/

尊氏出兵命令の要請

  • 建武二年(1335)七月、
    北条時行が挙兵し、鎌倉を制圧
  • 足利直義は鎌倉から撤退。
    その際に護良親王を殺害する
    natsunishiki.com/nakasendai_no_ran_1/
  • 在京中の足利尊氏は
    直義からの要請を受け、
    出兵の準備
  • 尊氏は後醍醐天皇に
    出兵命令を請う
  • また、尊氏は
    後醍醐天皇に、自分を
    征夷大将軍と惣追捕使の職に
    任命するよう求める
  • しかし後醍醐天皇は
    それを拒否。
    成良親王を征夷大将軍に
    任命した
  • しかし八月、
    尊氏は後醍醐天皇の許可を得ず、
    出兵

尊氏出兵、鎌倉制圧

  • 驚いた後醍醐天皇は
    急遽、尊氏を
    「征東将軍」に任命する
  • 尊氏軍は
    遠江、駿河、相模で
    時行側と交戦。
    連勝して鎌倉へ
  • 北条時行は脱出
  • 諏訪頼重は勝長寿院で
    一族とともに自害
  • 北陸・東北の
    反乱軍も鎮圧され、
    「中先代の乱」
    は終結した
  • 鎌倉を獲得した尊氏。
    後醍醐天皇は上京命令を出すが…

場所

参考文献