マクロ経済学とは/家計の消費行動

マクロ経済学とは

  • マクロ経済学とは…
    一国の経済全体の現象
    (マクロ経済現象)
    を考える
  • マクロ経済学の
    ふたつのモデル
    ケインズ・モデル
    新古典派モデル
  • マクロ経済の主体たち
    家計
    企業
    政府
  • 財とサービス
    財…もの
    サービス…もの以外

家計の消費行動/限界消費性向/限界貯蓄性向

  • 家計の消費行動
    ・家計は稼いだ所得Yを
     消費Cと貯蓄Y-Cに配分する
    ・一般に、
     所得が大きいほど、
     消費も大きくなる
  • 限界消費性向ΔA/ΔY
    ・所得が1単位増加したとき、
     消費はどれくらい増加するか
     例 : 所得が一万円増加したとき、
         消費は何万円増加するか
    ・1よりも小さい
     例 : 月給20万円が10万円増えても、
           使うお金は10万円は増えない
  • 限界貯蓄性向
    Δ(Y-A)/ΔY
    例 : 所得が1万円増加したとき、
          貯蓄は何万円増加するか
  • 限界消費性向と
    限界貯蓄性向の和は
    常に1
  • 経済学の
    「限界○○」
    という言葉は、
    数学の
    「単位○○」
    に近い場合と、
    「○○の傾き」
    近い場合がある

参考書籍