久米田・教興寺の合戦

三好長慶と畠山高政の争いは続き、
永禄五年(1562)三月、
久米田の戦いでは高政が勝利
長慶の弟・三好実休は戦死してしまう。
しかし、永禄五年(1562)五月の
教興寺の戦いは
三好長慶軍の大勝利となる

「室町政争戦乱史」目次
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/

久米田の戦い

  • 永禄三年(1560)に
    三好長慶は室町幕府の
    相伴衆に加えられる
    natsunishiki.com/shoubanshuu/
  • しかし、その後も
    長慶と畠山高政との
    戦は続いていた
  • 永禄五年(1562)三月五日、
    長慶の弟・三好実休と
    畠山高政が久米田で衝突
  • 戦は畠山軍の勝利に終わり、
    実休は戦死してしまう

教興寺の合戦

  • 三好軍は逆襲に出る。
    永禄五年(1562)五月二十日、
    教興寺で畠山軍と激突
  • 教興寺の合戦は
    三好軍の大勝利に終わる

場所

参考書籍