和宮降嫁決定/「航海遠略策」

和宮降嫁へ

  • 安藤・久世政権は、
    皇女和宮の徳川家茂への
    降嫁を要請
  • 和宮は有栖川宮熾仁親王への
    嫁入りがすでに決まっていた
  • 孝明天皇も難色を示す
  • 幕府は
    「十年以内の攘夷実行」
    を約束
  • 朝廷内では岩倉具視が
    降嫁を推進
  • 万延元年(1860)十月、
    和宮の降嫁が正式に決定する

「航海遠略策」

  • 文久元年(1861)三月、
    長州藩士・長井雅楽の
    「航海遠略策」が
    長州の藩論として決定
  • 「公武一和のもと、
    交易を盛んにすべき」
    という内容
  • 長井は安藤・久世政権にも
    「航海遠略策」を具申
  • 「航海遠略策」は
    幕府の方針にもなりかける

参考書籍