建長政変(九条頼嗣廃職、宗尊親王下向)

北条時頼が
宮騒動、宝治合戦に
相次いで勝利したのちの、
建長三年(1251)、
鎌倉で謀反騒動が勃発。
将軍九条頼嗣は廃され、
朝廷から宗尊親王が
六代将軍として送られる

宮騒動と宝治合戦の後

  • 寛元四年(1246)、
    北条時頼が五代執権に就任
  • その直後、
    時頼は名越氏を攻撃。
    前四代将軍九条頼経を
    京都へ送る
    [宮騒動(還元の政変)]
    natsunishiki.com/miyasoudou/
  • さらに宝治元年(1247)には
    時頼は有力御家人三浦氏と対決。
    三浦泰村・光村含め、
    三浦氏を滅亡させた
    [宝治合戦]
    natsunishiki.com/houji_gassen/
  • しかし、その後も
    九条頼経の父・
    九条道家は京都で
    力を保っていた

鎌倉謀反騒動

  • 建長三年(1251)
    十二月二十六日、
    鎌倉で了行法師、
    矢作左衛門尉、
    長久連らが
    捕縛される
  • 「反執権派が謀反を
     企んでいた」
    とされた

足利泰氏出家

  • これとほぼ同時に、
    有力御家人の足利泰氏が
    突然出家
  • 先の謀反疑惑と
    関係があるとされるが、
    真相は不明

宗尊親王下向へ

  • 翌建長四年(1252)ニ月、
    朝廷に幕府使節が送られる
    (二階堂行方、武藤景頼)
  • ここで、幕府は
    後嵯峨天皇に対し、
    上皇の皇子を
    鎌倉に送るように要請した
    (執権北条時頼直筆の書状に、
     連署北条重時が花押を加えた)
  • これで、
    五代将軍九条頼嗣は
    廃されることと
    なってしまった
  • この直後の二月二十一日、
    前将軍九条頼経の父、
    九条道家が死去。
    暗殺説がある

宗尊親王下向、九条頼嗣京へ

  • 建長四年(1252)三月、
    宗尊親王は京を出発。
    四月に鎌倉幕府六代将軍に
    就任する
    (十一歳だった)
  • 鎌倉幕府にとって
    親王将軍は
    北条政子以来の宿願だった
  • 一方、
    廃されてしまった
    前将軍九条頼嗣は
    四月に京都へ
    (このとき、十四歳だった)

その後

  • その後、
    康正元年(1256)八月、
    九条頼経は死去
  • 同康正元年(1256)九月には
    九条頼嗣も病死する
    (十八歳)
  • そして
    将軍となった宗尊親王だが…

参考書籍