『神皇正統記』成立(北畠親房関東撤退まで)

暦応元年/延元三年
(1338)以降、
南朝武将・北畠親房は
常陸国で活動。
『神皇正統記』
『職原鈔』
を執筆する。
しかし、
戦果は思わしくなく、
康永二年/興国四年
(1343)、親房は
吉野に撤退する

「室町政争戦乱史」目次
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/

『神皇正統記』成る

  • 暦応元年/延元三年
    (1338)、北畠親房は
    暴風雨で流された後、
    常陸神宮寺城に入る
  • 幕府は
    高師冬、高師泰を関東に派遣
  • 一方、
    親房は流浪の末、
    常陸国小田城へ
  • ここで親房は
    南朝の正統性を訴える
    『神皇正統記』
    を執筆
  • さらに親房は、
    官職や職制についての書物
    『職原鈔』
    も書いた

親房吉野へ敗退

  • その後
    三年に渡って小田城で戦う
  • しかし、
    暦応四年/興国二年
    (1341)十一月、
    小田治久が降伏し、
    小田城は落城
  • その後、親房は
    常陸国関城・大宝城を
    拠点とし、
    さらに二年近く戦いが続く
  • しかし、
    康永二年/興国四年
    (1343)九月、
    親房が頼りとしていた
    結城親朝が
    幕府側として挙兵
    (親朝は結城宗広の子息。
     陸奥白河にいた)
  • 康永二年/興国四年
    (1343)十一月、
    関城・大宝城は落城
  • 親房は吉野へ逃れる

場所

補足

  • 親房は親朝を説得するため、
    書状をたくさん送っており、
    これは残っている
  • 小田城攻防戦の途中で、
    北朝から南朝についた
    近衛恒忠が関東で活動
    (藤氏一揆)
  • 結果的にこの
    藤氏一揆は南朝方を混乱させた
  • 親房と共に戦っていた
    家臣の春日顕国は
    関城・大宝城落城後も
    戦を続け、一時
    大宝城を奪還したが、
    北朝方の総攻撃を受け、
    処刑された
  • いろんな解説書に、
    「もう時代は
    変わっているのに、
    大義名分論ばっかり
    言ってる親房はちょっとKY」
    みたいに書かれている

参考文献