元弘の変

元弘元年(1331)、
後醍醐天皇の倒幕計画が露見。
天皇周辺の者が処罰される。
後醍醐天皇は脱出して
笠置山に籠城。
また、楠木正成
下赤坂城に立て籠もって
幕府軍に抵抗する。
幕府により、持明院統の
光厳天皇が即位。
笠置山落城後、
後醍醐天皇はとらえられ
隠岐に流罪となった

「室町政争戦乱史」目次
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/

倒幕計画

  • 正中の変で難を逃れた
    後醍醐天皇だったが、
    ふたたび倒幕計画を企てる
  • 天皇は
    延暦寺・興福寺などを訪問
  • また、皇子のうち、
    護良親王(もりよし)(尊雲法親王)、
    宗良親王(むねよし)(尊澄法親王)を
    延暦寺に送る。
    護良親王は天台座主に就任

露見

  • 元徳三年
    =元弘元年(1331)四月、
    側近の吉田定房が
    幕府・六波羅探題に密告
  • 文観、円観などが捕らえられ、
    拷問にかけられる
  • 文観が自白
  • 日野俊基は処刑
  • 佐渡にいた兄の日野資朝も
    斬殺される
  • また、文観は硫黄島に、
    円観は奥州に流罪
  • 後醍醐天皇は不問となる

後醍醐天皇笠置山籠城

  • 八月二十四日、
    後醍醐天皇は京を脱出
  • 天皇側近の花山院師賢は
    比叡山に
  • 幕府は比叡山を攻撃。
    足利高氏も参加していた
  • 天皇は山城国笠置山で
    籠城をはじめる
  • 幕府は討伐軍を派遣し、
    後醍醐天皇を包囲
  • 一方、河内の下赤坂では
    楠木正成が後醍醐天皇に呼応して
    挙兵した
    (護良親王もいたとされる)

光厳天皇即位

  • 九月、
    幕府は後醍醐天皇を退位させ、
    持明院統の量仁親王を
    即位
    させる(光厳天皇)
  • これは、剣と神璽のないままの
    践祚だった

笠置山落城

  • 九月末、
    笠置山は陥落。
    後醍醐は
    とらえられる
  • 後醍醐は隠岐流罪
  • 宗良親王は讃岐に、
    尊良親王は土佐にそれぞれ流罪
  • 十月には正成の
    下赤坂城も落城
  • しかし護良親王、
    正成ともに行方をくらました

参考文献