大物崩れ(細川高国敗死)

堺幕府成立後も細川高国は
足利義維・細川晴元側と
戦いを続けていた。
しかし、享録四年(1531)六月、
摂津天王寺の合戦で、
高国側が大敗。
高国は捕らえられた後、自刃する

「室町時代政争史」目次
natsunishiki.com/muromachi_seisoushi/

高国彷徨

  • 大栄七年(1527)、
    細川高国の元家臣と
    阿波の細川晴元勢らが
    足利義晴・細川高国らに勝利。
    ここに、足利義維を擁する
    「堺幕府」
    が成立する
    natsunishiki.com/sakai_kubou_1/
  • その後、高国と堺幕府の間で
    何度か和睦交渉が行われるが、
    いずれも頓挫
  • 高国は、浦上村宗の協力を得て、
    備前、播磨、摂津を転々とした
    (浦上村宗 = うらがみ・むらむね)
    (村宗は赤松氏の家臣)

高国逆襲

  • 享禄三年(1530)六月、
    堺幕府の重鎮・柳本賢治(かたはる)が
    暗殺される
    (高国の配下の手によるものか)
  • これをきっかけに
    高国は勢いを取り戻す。
    享禄三年(1530)夏には
    神呪寺(かんのうじ)まで兵を進め、
    前線は大松(だいまつ)城まで到達。
    さらに、伊丹城を落城させる
  • 高国は十一月頃から、
    京都の勝軍山城に前線を構え、
    晴元の臣下の木沢長政相手に戦闘
  • 享禄四年三月、
    高国側は摂津池田城を陥落させるが、
    中島の合戦で敗退
  • しかし、天王寺から
    堺公方への襲撃を狙う

天王寺の合戦、高国自害

  • 享録四年(1531)六月、
    堺を攻撃しようとする高国の軍勢と
    晴元側(三好元長ら)の軍勢が
    摂津天王寺で衝突
  • しかし、高国側であったはずの
    赤松政村が晴元側に寝返る。
    これが原因で高国側は大敗
    (浦上村宗は死亡)
  • 同六月八日、
    高国は尼崎で捕らえられ、
    大物(だいもつ)広徳寺で、
    自害する

補足

場所

参考書籍