阿野全成の変

阿野全成は
源頼朝の異母弟だったが
建仁三年(1203)五月、
捕縛され、六月に殺害される

阿野全成という人物

  • 阿野全成は、源頼朝の
    異母弟に当たる人物
    (あの・ぜんじょう)
    (義経とは同父同母の弟)
  • 治承寿永の乱の再、
    全成は頼朝の挙兵直後から
    従っていた
  • また、全成は
    北条時政の娘・阿波局を
    妻としている

阿野全成捕縛

  • 建仁三年(1203)五月、
    武田信光が、
    「謀反の疑いがある」
    として、
    阿野全成を捕縛
  • 全成は常陸国へ
    配流される
  • 建仁三年(1203)六月、
    八田知家が
    全成を殺害

息子たち

  • 同年
    七月、
    全成の息子・阿野頼全
    京都東山延年寺
    殺害されてしまう
  • 他にも息子に
    阿野時元という人がいたのだが、
    その後…

補足

  • 資料が少なく、
    よく分かっていない事件

場所

参考書籍